頭皮の状況

薄毛予防にやっていたヘッドスパ

30代後半から髪の毛が細くなってきたので、将来的なAGAによる薄毛に何か対策をしないといけないなと思いました。しかし育毛剤はまだ大丈夫だろうという謎の自信や薄毛に対する恥ずかしさもあり、隠れてできる薄毛予防の方法を探していました。自宅で簡単にできるものとしてはスカルプシャンプーがあったのですが、それ以外にはヘッドスパのお店に通うことにしました。美容系に自信がある同僚に教えてもらったのですが、やはりヘッドスパをすると頭皮が軽くなり気分も爽快になるのでストレス解消にもなります。



ヘッドスパでは初めて炭酸シャンプーをやってもらったのですが、これも刺激的であり面白い経験でした。薄毛予防に対する効果は若干ですが出てきており、髪の毛の太さも少しだけ戻ってきました。胸痛してるのは頭皮環境の改善ということなので、やはり根本の頭皮ケアは薄毛予防の基本だと思います。頭皮に栄養を行きわたらせるのも大切ですが、頭皮に良い栄養成分を摂取するのも大切だそうです。
髪のケア

海外版のプロペシアは成分がやばい?

大阪市のAGAクリニックで治療薬について聞きましたが、日本では未承認薬となっていて、海外では扱われている薄毛治療薬も多いです。

有名なところではフィンペシア、エフペシア、フィナロ。



いずれもフィナステリドが配合されたものですが、若干内容が異なっています。

この中で特に危険度が高いと言われているのが、フィンペシア。



フィンペシアにはキノリンイエローという成分が入っています。

これは添加物なんですけど、発がん性作用があることが判明しました。



ただ発がん性があるといっても服用したからといって、すぐに癌になるわけではありません。

日本には発がん性物質を含んだ食べ物も存在しますしね。



例えば化学物質のアクリルアミド。

これはポテトチップスに入っています。



でもだからといって、ポテトチップスを食べたからといって癌になっている人が多いわけではありません。

そういった考えもあり、「フィンペシア=癌になりやすい」ということはないです。



フィンペシアを飲むのはなんとなく嫌だなと思うかどうかは、個人次第でしょう。
髪のケア

私の薄毛に対する湯シャンプーのコツ

私が薄毛や抜け毛に対して湯シャンプーを実施しているコツであるのですが、まず、薄毛対策としまして開始しました湯シャンプーでありますが、正しいプロセスがあることが判明しました。その内容としましては、優しく慎重にブラシの先が丸状のものが適切であり、優しく丁寧にブラッシングをして汚れを落とし、汚れをお湯で落としやすい環境にすること。数回ブラッシングしただけではムラが非常にありますので、何度も、何度も念入りにブラッシングしなければならないことが分かりました。次の工程としまして、慣れない間は35度~38度のお湯で、入念に頭皮マッサージをしながら、10分程かけて洗髪を実施すると言う内容です。また湯シャンと言っても完全にお湯だけなのではなくて、洗う工程のみが湯シャンなのでありまして、やはり、湯シャンした後につきましては、コンディショナーやトリートメントを使用して、ヘアケアを行うことが重要です。更にハーブエッセンスを使用してするのも重要です。
抜け毛対策

効果があった抜け毛対策

30代後半になっていつの間にか髪が薄くてみすぼらしくなり、どのようにすれば改善できるかネットで調べてみました。最初は市販の育毛剤を使っていましたが、頭皮が弱く敏感肌のため強い刺激があり医師に診察を受けると薬用育毛剤を勧められました。薬用育毛剤は確かに価格は高いですが付け心地がよく、成分が頭皮に浸透しやすくてさらにマッサージをすると温かくなって驚いたものです。その後は2週間程度続けるといつの間にか生え際が目立たなくなり、コンプレックスを解消できて驚きました。

私は頭皮が弱く敏感肌のため、薬用育毛剤を使うと効果がありました。市販の育毛剤は添加物が含まれ髪を増やせる成分があまりなく、ただ単に価格が安いだけだとがっかりしたものです。抜け毛は最適な方法で改善しないと意味がなく、頭皮に不安があれば皮膚科で診察を受けてから決めないと失敗してしまいます。結局は原因を確かめるきっかけになり、炎症を抑える飲み薬を処方してもらえて良かったです。
髪のケア

デンキバリブラシは育毛効果が期待できる?

デンキバリブラシという商品を知っているでしょうか。顔の皮膚をリフトアップして、小顔効果が期待できる商品ですが、抜け毛が気になる方への育毛効果も期待できると言われています。デンキバリブラシからは低周波の電気が流れるのですが、電気によるマッサージ効果で、頭皮のこりがほぐれます。頭皮のこりがほぐれると、血流が良くなるため、髪に必要な栄養が届きやすくなると言われています。またデンキバリブラシの電気の効果で、頭皮が引き締まると言われています。引き締まることで、頭皮の過剰な皮脂の分泌が抑えられるため、毛根の詰まりが消えて、発毛しやすい環境が整うと言われています。デンキバリブラシは、このように頭皮や顔などにあてるだけで、育毛効果も期待できると言われている商品です。お値段がかなり高く、簡単に手を出せる商品ではありませんが、育毛剤や育毛シャンプーも安くはありません。どうしても髪を生やしたい人は、デンキバリブラシの効果を期待して、購入してもいいのかもしれません。
頭皮の状況

頭皮マッサージについて

私は20歳ぐらいの時から抜け毛が気になっていました。もしかしたら薄毛の前兆かもと思って色んな予防対策を調べました。よく頭を洗う時に爪を立てて洗う人がいますが私もこれをしていました。しかし、これは頭皮を傷つけるので、やめた方が無難だということが分かりました。指の腹を使って頭皮をもみほぐすようにマッサージするような感覚で頭を洗うのが望ましいです。すると、頭の血行が良くなると言われています。私はこれを実践しているお陰で40歳を過ぎた今でも薄毛にはなっていないです。

あとは、頭皮マッサージ器を買って、頭を洗う時に使用したり、頭皮に易しいブラシを購入してにとにかく頭皮に気を遣うようにしました。更には、育毛剤も使いました。これは、何も考えずに使うわけではなく風呂上がりで頭皮が綺麗な状態だと効率が良いそうです。あとは、育毛剤をかけた時は、この時も頭皮をマッサージをすると更に育毛効果があるそうです。もう少し詳しく知りたければマッサージの方法はサロンで無料毛髪診断を受けるとご自身に適した方法を教えてくれますよ。
円形脱毛症

私が円形脱毛症に悩み改善を試みた手段につきまして

私が円形脱毛症に直面した際に実施した内容としましては、とにかくシャンプーやリンスー等を使用するのを辞めてみることを試みました。男性型脱毛症による薄毛のケアにも書かれていたからです。シャンプーやリンスーを使いすぎておりますと、かえって、毛髪の促進の妨げになると言うことがよく分かりました。自分自身の髪の毛は猫毛で非常に繊細であることが分かったのです、ですので、思い切って坊主にすることによりまして、湯シャンプーで済ませることにしました。多くの芸能人の方々も湯シャンプーで洗剤等は一切使用しないと言う方々が多いので、それを参考にさせて頂く形で自分自身も湯シャンプーに挑戦させて頂きました。すると、坊主にしている効果もあるのかもしれませんが、抜け毛が確かに少ないと思い始めたのです。やはり、湯シャンプーですと、非常に毛髪のエネルギーがそのまま活かされる形になるのではないのかな?と思いましたので、これからも湯シャンプーで髪の毛に負担を与えないような生活をしていきたいと思いました。
髪のケア

薬用の育毛シャンプーを使って良かったこと

髪が抜けやすくて困っていたため、AGAの医師の検査を受けると薬用の育毛シャンプーを使うことを勧められました。薬用の育毛シャンプーは頭皮が弱い場合にも対応でき、実際に使ってみると頭が温かくなっていつの間にか髪が生えてきて驚いたものです。シャンプーは頭皮の汚れを落とせて便利ですが、あまり長く付けすぎると逆効果になってしまいます。このため、最初のうちはどのようにするか試行錯誤し、たまに頭皮に刺激を受けることもあって悩んだものです。

薬用の育毛シャンプーを使うと頭皮が弱くても効果を実感でき、きれいにしながら髪を増やせて良かったです。しかし、薬用の育毛シャンプーは価格が高くて手軽に使えないもので、慎重に頭皮のケアをしないといけないと実感しました。育毛シャンプーは頭皮マッサージを同時にしないと効果がなく、めんどくさいですが続けてみればいつの間にか髪が増えてきてホッとしたものです。薬用の育毛シャンプーは価格は高いですが、それなりに効果を出せることが分かりました。
頭皮の状況

まだ20代半ばなのに…泣

私はまだ20代半ばなのに、前髪が薄くなってきてしまいました…



俗に言う男性型脱毛症の”M字”(前髪の後退)が深刻な状態です泣



髪に異変を感じたのはちょうど20歳のころ…

髪質の変化に異変を感じ”最近髪型決まらないなぁ…”と思い、日々過ごしているとあっという間に

前髪が後退してきていました…



よく髪が薄くなる原因として”遺伝”が取り上げられると思うのですが、私は人並みよりも性欲が強いのが多少原因かと思い、ググってみたら男性ホルモンが過剰に分泌されると、抜け毛が多くなるんだとか…



正直、三大欲求と言われている欲が強いとなると中々重症ですよね。



しかも、それが原因で髪が薄くなってくるなんて‼︎

髪が薄くなったら可愛い子とも遊べなくなったりするし…



これではまずい!



と思って私が始めたのは”頭皮マッサージです”。



今の時代、情報がブログやYouTubeなどに溢れかえっているので素人の私でも頭皮マッサージのやり方

を学びました。



シャンプーをするときは手をワシャワシャしないだとか、指の腹でツボを押すように刺激するだとか。

私はマッサージを初めて3ヶ月ほど経過しましたが、髪質は前よリも良くなったような気がします。
髪のケア

ビタミンEを摂取して髪に栄養を届ける

体が冷えていると血流が悪くなり、頭皮に栄養が届きにくくなります。頭皮への栄養が不足すると頭皮の新陳代謝が衰えて、フケが増えたり、かゆみがでたりすることがあります。フケが毛穴につまると毛根への血流が悪くなり、髪に必要な栄養が不足をして抜け毛の原因になります。髪の成長には栄養素が必要で、その栄養素は血液が届けています。つまり、AGAで薄毛にならずに健康的な髪を育てるためには血流をよくすることが大切なのです。

血行を促す働きがある栄養素がビタミンEです。ビタミンEには抗酸化作用もあり、老化の原因といわれる活性酸素から体を守ってくれます。

ビタミンEが多い食品は、アボカド、ナッツ、うなぎ、オリーブオイルなどです。脂溶性ビタミンで油と一緒に摂取をすると吸収がよくなります。

調理用の油に菜種油やコーン油などを使っていたのなら、それをオリーブオイルに替えることでビタミンEの摂取量を増やすことができます。おやつにお菓子を食べるよりもナッツを選べば、それもビタミンEの摂取量を増やすことができます。

ただし、サプリメントから摂ると過剰摂取になりやすいので気をつけてください。